私たちは、自然に優しい生活を応援します。

結婚指輪について

グラフの結婚指輪

ダイヤモンドジュエラーである「グラフ」の名は、「大粒で極上のダイヤモンド」とともに伝わっています。 「グラフに行けば究極のダイヤモンドがある」とまで噂されるほどです。 21世紀のキング・オブ・ダイヤモンドであるローレンス・グラフのポリシーは、 原石からジュエリー製作までを自社で行う「一貫体制」のスタイルに基づかれています。

だからこそでしょうか。 大粒のダイヤモンドの指輪はとても美しく目を奪われてしまいますし、そのような素敵なマリッジリングは女性なら憧れるでしょう。 最近はマリッジリングも男性と女性で違うものを付けることもあり、内側などに工夫をして揃えるという形も珍しくなくなっています。

確かにダイヤモンドでリング一周させる大胆なデザインの「エタニティ・リング」「フレキシブル・リング」のタイプもあり、 一般的なマリッジリングと呼ばれるものがあるといえます。 お値段はあまり一般的ではありませんが…。

ですが基本が、大粒のダイヤモンドの指輪が主であるためにあまり種類もありません。 男性がつける場合はやはり会社ではアピールしすぎですし、取引会社の相手と会う時とかは困ることになります。 女性も会社ではそうはなくとも、家事はしにくくなることでしょう。 といって外してばかりでは、マリッジリングの意味はありません。 婚約指輪とは違うのです。

「グラフ」は、結婚指輪よりも婚約指輪に向いているといえるでしょう。 それもそうかもしれません。 「グラフ」は世界5大宝飾店の上をいく一目置かれる高級ブランドで、グループ分けをしても一番上の特別クラスといってもいいほどです。

やはり婚約指輪として、お勧めいたしたい品です。 なぜなら、婚約指輪の方にお金をかけることが多いからです。 二人で永遠に使うマリッジリングより、女性に贈るエンゲージリングの方にお金をかけるのは男性の甲斐性なのでしょうか。 ですが女性にとっては、嬉しいものには違いありません。

Copyright(C) 結婚指輪 All Rights Reserved.