私たちは、自然に優しい生活を応援します。

結婚指輪について

メレリオ・ディ・メレーの結婚指輪

メレリオ・ディ・メレーは、1613年の創業されました。 「パリ5大宝石商」の中でも、最も歴史のある宝石店です。 あのマリー・アントワネットにも愛された、ジュエリーブランドとしてもとても有名です。

現在でも、世界各国の王室・皇室でも愛用されています。 「エモーション」はフランス王室のユリの花の紋章がデザインされ、「清らかさ」と「優しさ」を意味しています。 フェミニンなデザインですが、王室の紋章ですからそれだけでも凄さと歴史を感じます。

「アネル」のリングに彫られたラテン語は、ルイ9世が自身の結婚指輪に彫らせた愛の誓いの言葉です。 その意味は「Hors cest Annel point n‘ay d’amour」…このリングの外に愛はない、君だけを永遠に愛し続ける。 という愛の誓いの言葉です。 ここにも圧倒される歴史を感じます。

「ロマンス」は可憐なすずらんの花がデザインされています。 幸福の訪れを象徴しているデザインになっていて、可愛らしい安心感があります。

すべての指輪が、王室や歴史とつながっているわけではありません。「パッション」 は真中でリンクしていて、重なり合ったデザインです。 象徴しているのは、「二人の結びつきの深さ」であり、その名の通り「パッション(情熱)」とされています。

「アフィニテ」「相性の良さ」や「親密さ」を意味します。 ロマン主義時代のブレスレットのデザインをモチーフにしていてデザインされています。 これは時代としての歴史を感じさせてくれます。

「テンドレス」「調和」や「家族の絆」を意味しています。 丸い輪が連なった特徴的なデザインです。

「レ・ロマンティック・アタッチメント」「献身的な愛」を意味しています。 向かい合って繋がったデザインは、相手の愛に素直に従う愛を表現しています。

「レ・ロマンティック・アフェクション」「永遠の愛」を意味します。 リングに刻まれた円の連続が、永遠の愛を表現します。 背景は荘厳なイメージですが、覚えやすく親しみやすい名前の多くデザインもとても素敵な品が多いです。

また、こちらのダイヤモンドの婚約指輪デザインの選び方と相場のサイトも、わかりやすくてお勧めです。

Copyright(C) 結婚指輪 All Rights Reserved.