私たちは、自然に優しい生活を応援します。

結婚指輪について

ブシュロンの結婚指輪

ブシュロンは、1858年にパリ・ヴァンドーム広場に最初に本店を構えました。 ダイヤモンドを使った大胆かつ、華麗なデザインが人気のブランドです。

「ファセット」は「面」を意味し、そのひとつにダイヤモンドがセットされています。 ダイヤモンドのカッティングをイメージしてデザインされたピンクゴールドのアームが特徴です。 ブシュロンの高度な宝飾技術により、完璧なバランスで見る人を魅了します。 「面」という意味が分かっても、何も不思議でない綺麗なカッティングです。

「キャトル」フランス語で数字の「4」という意味です。 4種のゴールドと4種のモチーフを巧妙に組み合された、ブシュロンのアイコン的リングになります。 自分らしいリングを選びたい人たちに人気です。 重ね着けしやすいデザインなので、存在感のある幅広のタイプやゴールドのみのタイプなどもあります。

「キャトルホワイト」は独自に開発した新素材です。 「ブシュロンセラミック」のホワイトチョコレートのような、やわらかな質感がやさしい甘さを与えてくれます。 「キャトル」同様の重ね着けもぴったりです。 幅広いデザインやダイヤモンドがなしのデザインもあります。

「ゴドロン」はブシュロンの伝統ある縞模様の彫刻が施されています。 優雅な曲線とかわいらしいピンクゴールドが魅力です。 ピンクゴールドのほか、プラチナもあります。 勿論、重ね着けもしやすいです。

「ディバインリタ」ハリウッド女優リタ・ヘイワースへの贈り物、リスペクトを伝えるために捧げる物として誕生したデザインになります。 バンドの側面にセットされたグラデーションのダイヤモンドが美しく、個人への品格と独創性をうかがわせます。 これらはすべて男女共用です。 ほとんどが組み合わせや重ね付けが可能で、一見同じ結婚指輪と思わせられないような組み合わせも可能となります。 個性的で自分たちの意味を持ちたいカップルにはぴったりですね。 勿論二人で相談して同じにするのも楽しいですね。

指輪のブランドはほとんどが商標登録をしています。商標登録の費用と検索方法のページなどでも詳しく説明しています。ご覧になってみてください。

Copyright(C) 結婚指輪 All Rights Reserved.