私たちは、自然に優しい生活を応援します。

結婚指輪について

モーブッサンの結婚指輪

モーブッサンは、1827年にフランスで生まれた名門老舗店です。 「パリ5大宝石商」のひとつでもあり、「象徴主義のジュエラー」と知られています。

創業から今日まで、宝石の種類や色形に意味を持たせつつ、斬新なデザインのジュエリーブランドです。 カラフルなアール・デコ様式のデザインなどが人気です。 一時は「ダイヤの無料配布」などをして話題を巻き起こしました。

そんな豪気なモーブッサンの結婚指輪で、人気なものをご紹介いたします。
「アムール・ドゥ・マ・ヴィ」は、シンプルな四角形が連続したデザインで、丸みはありません。 マリッジリングとしてはもちろん、ファッションリングとしても人気が高いです。 プラチナ・金など、幅や素材も選べます

「フィル・ダムール」「愛の糸」という名が付けられたマリッジリングです。 「愛をつなぎとめるのは、誠実さというたった一本の糸」というコンセプトで作られ、シンプルなセンスが人気です。 リング幅は、5mmと3mmが選べます。 モーブッサンでは、あまりないタイプの指輪ともいえるでしょう。

「スプティル・エテルニテ・マリッジリング」は種類として、ダイヤモンドやゴールドなどが使われています。 とてもゴージャスなマリッジリングです。 モーブッサンの結婚指輪としては、これ以上相応しい豪華さはないでしょう。 後は石が大きいのが多いのと装飾が多いのです。

結婚指輪としてよりは、婚約指輪としての需要が高いです。 指輪の石にもデザインにも守り的な意味を持つものが人気です。 やはり毎日付ける結婚指輪としては、石が心配で向いていないようです。

しかし婚約指輪としては「メ・クラー・ア・トア」だと『あなたに捧げる私の色』という意味を持っています。 また「トライアングル」な形は、ヨーロッパではお守りとして重宝されています。 「神聖な力の象徴」とされているなど、二重の意味を持って贈ったりできます。 他の指輪も、そういった意味ではあまり変わりません。 全く気にならないというか、むしろ控えめよりいいという人向きではあるかもしれません。

Copyright(C) 結婚指輪 All Rights Reserved.